カテゴリー別アーカイブ: Solar Heating

DIYソーラーの発電量 2015年07月

DIYソーラーの発電量 2015年07月

テーマ:太陽光発電
DIYソーラーの発電量 2015年07月

2015年07月の発電量と電気料金です。
昼料金(7~23時)の月間買電量は17.5kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は169.0kWh、
昨年同時期
昼料金(7~23時)の月間買電量は18.2kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は226.9kWh、
でした。
(集計期間相違のため、実際の電気料金・売電額とは異なります。)
上画像は積算電力量、
下画像は月間発電量の推移と
月間使用電力量の推移・昨年比です。
売電のための系統連係
節電のための独立発電(太陽光と風力)
いずれも自動運転のため、いじることがなくてヒマ、
データ取りやブログ更新もおろそかになっております。
唯一、太陽熱温水器の給水・給湯は手動なので
天気予報を見て給水を行い、
あちーお風呂を満喫しております。
(ぬるい日でも追い炊きは不要、
この時期給湯温度は35~45度です。
※晴れ間のない日は除く)

月間発電量の推移
月間発電量の推移

月間使用電力量の推移・昨年比
月間使用電力量の推移・昨年比

太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

テーマ:太陽光発電
太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

太陽熱温水器の完成以降、
冬型の寒くてどんよりした天候続きで
実験程度にほんの数回の運用でしたが、
冬でもお天気さえ良ければ200リットルの水で
5~15度の利得が得られます。
※利得とは、水温上昇でなく
排水時刻の水道水温と給湯水温の差、
実際に経済恩恵のある値です。
3月17日(火)晴れ一時曇り
朝7時 気温6度、水道水温9度
夕方15時30分 気温15度、水道水温11度、給湯水温28度
利得17度、熱量3400Kcal、経済効果49円
3月17日(火)晴れ一時曇り
同日のDIYソーラーの総発電量は8.2kWh
当日のDIYソーラーの発電量は8.2kWh
でした。
経済効果は以下の計算式で算出しています。
都市ガス熱量 11,000Kcal
(プロパンガスなら 24,000Kcal)
機器効率 85%
追い炊き効率 80%
ガス単価 135円
水量×利得÷11,000÷0.85×135=49.0909
これを単純に導くには
49.0909÷利得=2.8877
なので次回以降は利得×2.8877で計算します。
また、足し湯の場合
水量×利得÷都市ガス熱量÷追い炊き効率×ガス単価=経済効果
なので
利得×水量×0.01809で計算します。
3月18日(水)は足し湯100リットル、
利得12度、経済効果21円でした。
今後の稼働状況は見やすい表を作成予定でおります。
給湯方法は窓を開けてパイプを引き込み
窓を開けてパイプを引き込み
水量が減ってから止まるまでは時間がかかるので風呂桶を利用
時間がかかるので風呂桶を利用
給湯が終わったらパイプを抜いて
給湯が終わったらパイプを抜いて
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓を閉めて終了です。
窓を閉めて終了です。
いかがでしょうか?苦労の割に経済効果は少ない!
というのが率直な感想ですが、
ガスの燃焼量を減らし、二酸化炭素排出量も低減、
それより何より自作の温水器でたてたお風呂は
すんごく気持ちいいですよ~。
3万円で出来たギザ屋根ガレージの太陽熱温水器

3万円弱で出来た太陽熱温水器(部材一覧表)

テーマ:太陽光発電
サイドバーナシ(印刷用)部材一覧表ページはこちら


3万円弱で出来た太陽熱温水器(部材一覧表)

すっかり遅くなってしまいました
太陽熱温水器の部材と費用まとめにつきまして、
evst さまにご関心お寄せいただき、
コメントを頂戴しましたので
部材調達先リンクなども交え記述させていただきます。
まず、いちばん大きな物は4mの塩ビパイプ
設置場所に問題があれば2mでも良いのですが
その分部材点数と初期費用が嵩んでしまいます。
設置場所は陽当たりと傾斜を考慮し1階の瓦屋根
が有力候補でしたが、寸法、荷重配分や固定方法など
結構面倒くさそうだったので、
4mの塩ビパイプを長さを変えずそのまま簡単に並べられる
ギザギザ屋根のガレージに決定、
ネックは北向きで陽当たりが不利、
傾斜が緩く排水性が悪いかも、
という点でしたが、実際に完成してみると
特に問題はありませんでした。
4mの塩ビパイプなどをホームセンターで購入すると
普通の車では運べませんので、
大きな部材は極力ネット通販で購入、
あんなに大きな物でも送料無料、
おうちでらくらく待つだけでした。
以下に部材リスト表を作成しましたが
購入時と価格が異なる物や
リストから漏れている物があるかもしれません。

この表は簡単高機能な「TablePress」で作成しています。

品名
数量
単位
単価
金額
Shop
備考
画像
塩ビパイプ 4M VU100
6
1,542
9,252
コメリYahoo!ショッピング店5,000円以上送料無料komeri_0400057210948.jpg
塩ビパイプ 4M VU40
1
637
637
コメリYahoo!ショッピング店komeri_0400057210900.jpg
信越ボンドA型 100g
1
240
240
コメリYahoo!ショッピング店komeri_4974007317002.jpg
パイプカバー 16mm径×2m
2
118
236
コメリYahoo!ショッピング店komeri_4920501532915.jpg
三つ又ホース継ぎ手 YM22334
5
152
760
コメリYahoo!ショッピング店komeri_4920501811232.jpg
VU継手インクリーザー 100x40
6
203
1,218
プロの工具ショップ YOSHIMURA3,240円以上送料無料34664716.jpg
DV 90゜Y チーズ DT40
5
84
421
プロの工具ショップ YOSHIMURA34663815.jpg
カクダイ 樹脂製ホースニップル
2
257
514
プロの工具ショップ YOSHIMURA44391121.jpg
カクダイ PVCボールバルブ ねじ式
1
953
953
プロの工具ショップ YOSHIMURA44415481.jpg
TSエルボ TSL20
2
56
112
プロの工具ショップ YOSHIMURA34660026.jpg
VU 90゜エルボ 40
1
54
54
プロの工具ショップ YOSHIMURA34663553.jpg
TS径違いソケットTSS 40×20
1
147
147
プロの工具ショップ YOSHIMURA34659432.jpg
水性スーパーコート 黒 1.6L
1
2,851
2,851
ケンコーコム送料無料e253762h_l.jpg
カクイチ 散水ホース 15mm×20m
1
1,680
1,680
アークランド楽天市場ショップ送料無料品img58947174.jpg
VUキャップ C100
6
378
2,268
ホームセンター ムサシVUキャップ C100
ステンサドルバンド
適量
584
ホームセンター ムサシステンサドルバンド
ステンシンワッシャー
1
361
361
ホームセンター ムサシステンシンワッシャー
塩ビパイプ VP20 4m
2
598
1,196
コメリホームセンターkomeri_0400057210900.jpg
塩ビパイプ VP13 1m
1
158
158
コメリホームセンターkomeri_0400057210900.jpg
バルブソケット VS13
6
45
270
コメリホームセンターバルブソケット VS13
TS継手 ソケット R25x13
1
69
69
コメリホームセンターTS継手 ソケット R25x13
パイプカバー 20 テープ付
1
350
350
コメリホームセンターパイプカバー 20 テープ付
ビニールテープ
2
40
80
コメリホームセンタービニールテープ
エアコンパテ TP-200
1
68
68
コメリホームセンターエアコンパテ TP-200
その他部材
1
2,921
コメリホームセンター
その他百均部材
1
5,292
ダイソー
小計
32,692
ポイント還元
▲4,196
合計
28,496
(失敗部材を含む)
日差しはあったのに

太陽熱温水器の自作 (失敗談)

テーマ:太陽光発電
太陽熱温水器の自作 (失敗談)

今回の太陽熱温水器、
慎重に事を運んだため、失敗は少なく済みましたが、
いくつか失敗をご紹介。
11月24日(月)曇時々晴れ
もう少し天気が良い予報で
DIYソーラーの総発電量も4.3kWhありまして
水温11度が18度まで上がり、
14時以降は日が陰るため早めに給湯。
その後昼寝をして起きてみたら
父がお風呂を掃除していました。
(もちろん水は抜いてありました。)
今後は間違いが無いよう、
私がお風呂掃除係になってしまいました。
水圧に耐えられないフタ、
フタ3枚組108円×2セット
ニップル2個組み108円×3セット
ホースジョイント108円×6個が無駄に。
土台にするための木片を塗装するのに、
染み込み防止剤や、
ラッカースプレーを購入したものの
あまり役に立たず。
塩ビパイプ VU40 4m、
(2mあれば充分でした。)
塩ビ用ボンド、
(容量の小さい物で充分でした。)
給水用ホース30m、
(10mもあれば充分でした。)
また、6分岐するホースの長さを誤ったため
接続箇所に無理な力がかかり
ホースを切り直したりしました。

11月24日(月)曇時々晴れ
上画像のようにそこそこ日差しはあったのに
11月24日(月)曇時々晴れ

同日のDIYソーラーの総発電量が4.3kWh
でも200リットルの水道代が水のアワ。
同日のDIYソーラーの総発電量が4.3kWh

太陽熱温水器の自作 (稼働実験)

太陽熱温水器の自作 (稼働実験)

テーマ:太陽光発電
太陽熱温水器の自作 (稼働実験)

太陽熱温水器に水を入れ
水漏れチェックと水温の変化を見ます。
11月16日(日)曇
日差しもありそうな天気予報でしたが
期待に反し1日中曇り空、
DIYソーラーの総発電量も0.6kWhでした。
朝7時気温7度、水温9度、水道水温9度
15時気温12度、水温12度、水道水温11度
600Kcalの熱量が発生したことになりますが
15時の水温と水道水温に1度しか違いが無く
給湯の熱効率>追い炊きの熱効率
を考慮すると経済効果ナシ、
使用するのは天気の良い日のみ
ということがわかりました。
1箇所ほんの少し水漏れがありましたため
翌日耐水パテで補修しました。
なお、工作の際の削りくずが出ますので
湯垢すくいなどで濾過する必要があります。
パイプの傾斜が緩いため、
排水(完全に水か止まるまで)に25分位かかり
その間ずっと手濾過するのが面倒になったので
だしパックを巻いてみました。
11月21日(金)晴れ
1日中晴れの予報でした。
満水までの時間・水音・様子を録画、
前回は蛇口をある程度開いて給水しましたが
今回は蛇口を絞って徐々に給水します。
7時40分給水開始→8時35分満水(55分間)
蛇口に目印を付けて、
次回からは50分間で9割強の給水とします。
また、たし湯の際には10分あたり約36リットルが
給水量の目安になります。
朝7時40分気温5度、水温7度、水道水温7度
15時10分気温16度、水温25度、水道水温11度
3600Kcalの熱量が発生、
その際の水道水温11度と比べても14度高く
少なく見積もって2500Kcal、33円位は
経済効果がありました。
同日のDIYソーラーの経済効果が125円位
の1/4と考えると費用対効果は5倍位です。
11月22日(土)晴れ
今日も1日晴れ予報。
10分間給水で36リットル位足し湯してみます。
気温、水温、水道水温未計測、
15時30分水温24度
水量が少ないのでもう少し上がるかと思っていましたが
水温は昨日と同じ位でした。
パイプ上部に水面が当たらないため
水に熱が伝わらない、
でも満水時より水温が低くなることもない
という結果でした。
コストまとめはまた次回に。

11月21日(金)晴れ
11月21日(金)晴れ

満水までの時間・水音・様子を録画、
満水までの時間・水音・様子を録画

蛇口に目印を付けて、
蛇口に目印を付けて

蛇口を絞って徐々に給水します。
7時40分給水開始→8時35分満水(55分間)
蛇口を絞って徐々に給水します。

工作の際の削りくずが出ますので
湯垢すくいなどで濾過する必要があります。
湯垢すくいなどで濾過する必要があります。

ずっと手濾過するのが面倒になったので
だしパックを巻いてみました。
だしパックを巻いてみました。

同日のDIYソーラーの経済効果が125円位
同日のDIYソーラーの経済効果が125円位

11月22日(土)晴れ
11月22日(土)晴れ

太陽熱温水器完成

太陽熱温水器の自作 (組立設置)

テーマ:太陽光発電
サイドバーナシ(印刷用)部材一覧表ページはこちら


太陽熱温水器の自作 (組立設置)

太陽熱温水器の設置作業に取りかかります。
設置場所はガレージの屋根にしました。
真北向きの屋根ですが、陽当たりは悪くなく
適度に傾斜が緩く、何より設置し易そうなこと。
満水時は200kgを超える重量になりますが、
150PA(1m2あたり150kg)の耐荷重なので大丈夫でしょう。
ぎざぎざに沿って塩ビパイプを並べるためそのスパンに合わせ
e)塩ビパイプ 4M VU40
を切っていき
c)VU継手インクリーザー 100×40
d)DV 90゜Y チーズ DT40
f)DV継手エルボ 40
を塩ビ用ボンドで繋ぎます。
配管の端にある雨樋が邪魔そうなのでそれを外して
あてがってみると丁度良さそう、
しかし雨がバシャバシャ降り注ぐ事になるため
雨樋のカバーに穴を開けるか一部カットするか
雨樋を付け直して考えることに、
でも、雨樋のカバーに配管のくびれた部分を固定すれば加工は不要で、
高さも問題なかったため、サドルバンドで固定、
ワッシャーとナットの数を変えて水の流れを導きます。
あとは如何にパイプを安全に固定するか?
当初V型に防腐防虫木材を貼り粘土を乗せて塗装し、
台座にしようかと思いましたが、
降雪時の雪やゴミなどをせき止めてしまうため、
ダイソー(100均)で四角いステンレスのプレートを4枚購入し
短辺の両端をカットし、それを3分割し計12枚の板状にして
荷重分散のため柱位置の谷側上部に
左右2箇所ずつステンシンワッシャーでネジ止め、
高さ調節にエアコン部材のパテを置き、
12等分したシリコンシートを乗せ、
その上にパイプを載せた上、しめしめバンドで固定します。
パイプは荷重や経年で曲がるため、
当初の台座も給水側の端に使用し、
パイプ1本につき4箇所で支えることにしました。
給水側は、普通の水道ホースに押し入れシートを巻き
余っていたPF管に通して固定します。
分岐は3分岐ジョイントを5個用い
ぎざぎざスパンに合わせホースを繋ぎ
凍結防止のため16mm径のパイプカバーを被せ
ビニールテープで巻きます。
(雪国なので凍結対策に注力しました。)
レンジカバーでは水圧に耐えられないためフタは結局
b)VUキャップ C100
を買い20mmの穴を開け、バルブソケットをねじ込み
水道ホースに直繋ぎしています。
排水経路は特に問題も発生せず、
壁に穴をあけることなく、お風呂の窓まで到達、
お風呂の窓から終端パイプを手前に繋ぎ換え
バルブを開いて給湯です。
次回は、いよいよ試給水と本給水、
それと部材・費用のご報告予定です。

設置場所はガレージの屋根にしました。
設置場所はガレージの屋根にしました。

ぎざぎざに沿って塩ビパイプを並べるためそのスパンに合わせ
e)塩ビパイプ 4M VU40
を切っていき
ぎざぎざスパンに合わせ切って

c)VU継手インクリーザー 100×40
d)DV 90゜Y チーズ DT40
f)DV継手エルボ 40
を塩ビ用ボンドで繋ぎます。
塩ビ用ボンドで繋ぎます。

配管の端にある雨樋が邪魔そうなのでそれを外し
配管の端にある雨樋が邪魔そうなのでそれを外し

あてがってみると丁度良さそう、
あてがってみると丁度良さそう

雨樋のカバーに配管のくびれた部分を固定すれば加工は不要で、
高さも問題なかったため、サドルバンドで固定、
ワッシャーとナットの数を変えて水の流れを導きます。
雨樋のカバーに配管のくびれた部分をサドルバンドで固定

V型に防腐防虫木材を貼り粘土を乗せて塗装し、
台座にしようかと思いましたが
V型に防腐防虫木材を貼り粘土を乗せて台座にしようかと思いましたが

四角いステンレスのプレートを3分割し計12枚の板状にして
荷重分散のため柱位置の谷側上部に左右2箇所ずつステンシンワッシャーでネジ止め、
高さ調節にエアコン部材のパテを置き、
12等分したシリコンシートを乗せ、
その上にパイプを載せた上、しめしめバンドで固定します。
ステンレスのプレートをネジ止め、エアコン部材のパテを置き、シリコンシートを乗せ、パイプを載せしめしめバンドで固定。

当初の台座も給水側の端に使用し
当初の台座も給水側の端に使用し

パイプ1本につき4箇所で支えることにしました。
パイプ1本につき4箇所で支えることにしました。

給水側は、普通の水道ホースに押し入れシートを巻き
余っていたPF管に通して固定します。
給水は水道ホースをPF管に通して固定します。

レンジカバーでは水圧に耐えられないため
レンジカバーでは水圧に耐えられない

フタは結局
b)VUキャップ C100
を買い20mmの穴を開け、バルブソケットをねじ込み
水道ホースに直繋ぎしています。
VUキャップにバルブソケットと水道ホースを接続。

排水経路は特に問題も発生せず、
壁に穴をあけることなく、お風呂の窓まで到達、
排水経路お風呂の窓まで到達

バルブを開いて給湯です。
バルブを開いて給湯です。

太陽熱温水器塗装

太陽熱温水器の自作 (塗装)

テーマ:太陽光発電
サイドバーナシ(印刷用)部材一覧表ページはこちら


太陽熱温水器の自作 (塗装)

太陽熱温水器の部材もほぼ揃い
1日曇り空でしたので、塩ビパイプを塗装します。
a)塩ビパイプ 4M VU100
e)塩ビパイプ 4M VU40
にダイソー(100均)で購入したスポンジやすりで
細かい傷を付けた後、表面の汚れや油を拭き取り乾燥、
水性スーパーコートツヤあり黒
(ケンコーコム楽天店2,851円で購入)
をダイソー(100均)で購入した10cmローラーで
塗っていきます。
ところどころ液だれやムラが出来ますがお構いなし。
少し乾かしてからパイプを裏返して仕上げ塗装、
2時間ほど乾燥させて塗装完了、
なんだかそれっぽくなってきました。

建築現場から頂いてきた木材で木枠を組んで、
建築現場から頂いてきた木材

木枠に塩ビパイプを載せ
木枠に塩ビパイプを載せ

水性スーパーコートツヤあり黒
水性スーパーコートツヤあり黒

2時間ほど乾燥させて塗装完了
2時間ほど乾燥させて出来上がり

塩ビパイプ 4M VU100

太陽熱温水器の自作 (準備初日)

テーマ:太陽光発電
太陽熱温水器の自作 (準備初日)

先日aiwolfさまからコメントをいただきました
太陽熱温水器につきまして、
「パネルの冷却をかねて
散水チューブで水道水をちょろちょろと掛け
雨どいに流れたぬるま湯を、ろ過してお風呂に貯めれば
ちょっとバッチいけど光熱費が軽減できるか
などと考えながらググっておりましたら、
「太陽熱温水器を自作する」
というページがありました。
これならろ過する必要もないし、
お金がかからなそうなのが何よりGood。
さっそくやってみよう!」
とお返事しておりまして、
まずは部材選定と調達開始。
参考blogさんから主な部材をリストアップ、
a)塩ビパイプ 4M VU100
b)VUキャップ C100
c)VU継手インクリーザー 100×40
d)DV 90゜Y チーズ DT40
e)塩ビパイプ 4M VU40
f)DV継手エルボ 40
g)立バンド
h)塩ビパイプ VP20
i)継手エルボ 20
j)TS継手 チーズ T20
k)TS継手 ソケット R20x13
l)塩ビパイプ VP13
m)ホースニップル
n)TS WS 13(インサート入)
o)キャップ HI-C-20
p)TS 水栓ソケット 20
q)TS バルブソケット VS20
この中で重要な部材
a)塩ビパイプ 4M VU100
6本をコメリYahoo!ショッピング店で
ホークス優勝セールの際に購入。
部材点数(コスト)を減らすため、
2m×12本の運用でなく4m×6本の運用とし
柱が写っているガレージの上に設置予定。
b)は6個買うと2,400円もするので
ダイソー(100均)のレンジカバー小3Pを2セット
その上から6分岐した6本のホースで給水する仕様とし
ダイソー(100均)のジョイントニップル2個入り2セット
の内3個を半分に切った6個を、
13mmの穴を開けたレンジカバーに接着。
次回は、その他主要部材と塗装です。
上画像はa)塩ビパイプ 4M VU100
下記画像はダイソー(100均)で購入した物、
レンジカバーにニップルを接着し、
パイプにかぶせてみたところです。

ダイソー(100均)で購入した物
ダイソー(100均)で購入した物

レンジカバーにニップルを接着
レンジカバーにニップルを接着

パイプにかぶせてみたところ
パイプにかぶせてみたところ

ツールバーへスキップ