カテゴリー別アーカイブ: Solar

DIYソーラーの発電量 2015年08月

DIYソーラーの発電量 2015年08月

テーマ:太陽光発電
DIYソーラーの発電量 2015年08月

2015年08月の発電量と電気料金です。
昼料金(7~23時)の月間買電量は17.8kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は152.1kWh、
昨年同時期
昼料金(7~23時)の月間買電量は16.2kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は200.8kWh、
でした。
(集計期間相違のため、実際の電気料金・売電額とは異なります。)
上画像は積算電力量、
下画像は月間発電量の推移と
月間使用電力量の推移・昨年比です。
昨年より発電量は多かったものの
昼料金帯の買電量が初めて前年を上回ってしまいました。
要因はリーフのバッテリー劣化、
24ヶ月頃から容量が低下し始め
現在27ヶ月経過し10%ほど容量が減ってしまい
想定に反し23時より前にバッテリーが尽きてしまう
ということが何度かありました。
今後さらにバッテリーが劣化していきますので
使用電力やバッテリーへの負担を
軽減する必要がありそうです。

月間発電量の推移
月間発電量の推移

月間使用電力量の推移・昨年比
月間使用電力量の推移・昨年比

先日キリ番ゲット
先日キリ番ゲット

DIYソーラーの発電量 2015年07月

DIYソーラーの発電量 2015年07月

テーマ:太陽光発電
DIYソーラーの発電量 2015年07月

2015年07月の発電量と電気料金です。
昼料金(7~23時)の月間買電量は17.5kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は169.0kWh、
昨年同時期
昼料金(7~23時)の月間買電量は18.2kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は226.9kWh、
でした。
(集計期間相違のため、実際の電気料金・売電額とは異なります。)
上画像は積算電力量、
下画像は月間発電量の推移と
月間使用電力量の推移・昨年比です。
売電のための系統連係
節電のための独立発電(太陽光と風力)
いずれも自動運転のため、いじることがなくてヒマ、
データ取りやブログ更新もおろそかになっております。
唯一、太陽熱温水器の給水・給湯は手動なので
天気予報を見て給水を行い、
あちーお風呂を満喫しております。
(ぬるい日でも追い炊きは不要、
この時期給湯温度は35~45度です。
※晴れ間のない日は除く)

月間発電量の推移
月間発電量の推移

月間使用電力量の推移・昨年比
月間使用電力量の推移・昨年比

DIYソーラーの発電量 2015年06月

DIYソーラーの発電量 2015年06月

テーマ:太陽光発電
DIYソーラーの発電量 2015年06月

2015年06月の発電量と電気料金です。
昼料金(7~23時)の月間買電量は12.7kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は119.4kWh、
昨年同時期
昼料金(7~23時)の月間買電量は17.9kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は170.8kWh、
でした。
(集計期間相違のため、実際の電気料金・売電額とは異なります。)
上画像は積算電力量、
下画像は月間発電量の推移と
月間使用電力量の推移・昨年比です。
6月は梅雨の影響で発電量が減少、
気温の上昇で消費電力は増加しましたが、
かろうじて売電額は買電額を上回りました。

月間発電量の推移
月間発電量の推移

月間使用電力量の推移・昨年比
月間使用電力量の推移・昨年比

DIYソーラーの発電量 2015年05月

DIYソーラーの発電量 2015年05月

テーマ:太陽光発電
DIYソーラーの発電量 2015年05月

2015年05月の発電量と電気料金です。
昼料金(7~23時)の月間買電量は14.5kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は24.0kWh、
昨年同時期
昼料金(7~23時)の月間買電量は41.9kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は101.3kWh、
でした。
(集計期間相違のため、実際の電気料金・売電額とは異なります。)
上画像は積算電力量、
下画像は月間発電量の推移と
月間使用電力量の推移・昨年比です。
日間発電量は減少していますが
5月中は晴天続き、
月間発電量と売電量が過去最大、
独立系の寄与も同様で、
買電量は過去最少を記録しました。
太陽熱温水器からの給湯も追い炊き不要
となっております。
ところで、DIYソーラーの売電開始から
1年経ちまして
年間発電量1,374kWh
年間売電量1,285kWh
(AiSEG読み数値)
元を取るには11年以上かかりそう。

月間発電量の推移
月間発電量の推移

月間使用電力量の推移・昨年比
月間使用電力量の推移・昨年比

発電 蓄電 機器 大移動 と オフグリッド を 考察

発電 蓄電 機器 大移動 と オフグリッド を 考察

テーマ:太陽光発電

発電 蓄電 機器 大移動 と オフグリッド を 考察

高齢の両親の階段登り降り軽減のため
1階応接間を占領していた事務機器や発電・蓄電機器、
分散設置していたバッテリーやUPSなど大移動、
発電・蓄電機器類の大部分は分電盤近くに、
事務機器類は寝室に移動し、
両親の寝具は1階応接間へ移動、
チャピィはひとりぼっちになってしまいました。
分電盤近くに移動したUPSには負荷を分散して
配線し直し、半日程度の停電やリーフお出かけなら
家中の電気を賄えるようになりました。
(高負荷のIH エアコン 調理機器は除く)
しかも普段は自動運転、
コンセント ON OFF 商用電源 自動切替器コンセント ON OFF 商用電源 自動切替器
で記事にしました切替器で
太陽光や風力でバッテリー電圧が上がると
バッテリー駆動し、
バッテリー電圧が下がると充電に移行、
その電圧設定も自由なので
過充電・過放電も無く、
VARTAやOPTIMAのAGMバッテリーなので
ほぼノーメンテです。
さてお題の「オフグリッド」
電力会社とオサラバしますの意で
サトウさん家のサトウさん家の”オフグリッドで暮らす知恵” – 女性自身[光文社女性週刊誌]
という記事が紹介されています。
とても素晴らしい取り組みで、
自エネ組 さん自エネ組 さん
のシステムをご利用とのこと。
自エネ組 さんのサイトでは
「20年間の電気代で元が取れる」
との記述がありますが、
元を取る取らないや
売電商いでなく、
自然を取り入れた生活は実に素敵です。
未熟者の私はバッテリーのコストに嫌気が差し
プチ売電を始めてしまいましたが、
10年の売電期間が終わったら、自エネ生活も視野に。
ただ、フォークリフトのバッテリーはイカン!
充放電の効率が良くないし、
補水やメンテも大変だし、
20年間も持つ訳ない、
売電期間10年のうちには
もっと安価で良い蓄電機器に巡り会えそうな気がします。
現時点では、
三菱電機 SMART V2H三菱電機 SMART V2H
の余剰売電タイプなら
「オフグリッド」とはいかないけど
エアコンやIHも不自由なく使え、
オフグリッドに近い生活が送れそう。
もっと手軽に太陽光パネル1枚からとか
バッテリー1~2個から始めてみたい方は
「サトウさん家」の記事にご紹介がありました
NPO 非電化地域の人々に蓄電池をおくる会 さまNPO法人 非電化地域の人々に蓄電池をおくる会 さま
にて再生バッテリーを
通常ではありえない価格で販売されていらっしゃいますので
こちらもぜひご覧ください。

機器大移動&配線完了後の様子
機器大移動&配線完了後の様子
DIYソーラーの発電量 2015年04月

DIYソーラーの発電量 2015年04月

テーマ:太陽光発電
DIYソーラーの発電量 2015年04月

2015年04月の発電量と電気料金です。
昼料金(7~23時)の月間買電量は20.5kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は113.5kWh、
昨年同時期
昼料金(7~23時)の月間買電量は57.8kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は158.3kWh、
でした。
(集計期間相違のため、実際の電気料金・売電額とは異なります。)
上画像は積算電力量、
下画像は月間発電量の推移と
月間使用電力量の推移・昨年比です。
4月の中旬以降は快晴日続き、
太陽熱温水器の給湯温も34度まで上がっていますし
先月触れましたさらなる節電策が功を奏し
ようやく売電量が使用電力量を上回りました。
(昨年9月でも達成出来なかった値)
1ヶ月の電気代が3,835円って
基本料金1,944円を引くとわずか1,891円、
節電はもう限界です。
千円二千円節電や節ガスする大変さを知ると
身の回りの無駄遣いが次々気になってきます。
そこで今月あらたに手を付けたこと
・家庭用と仕事用とで2本引いていた
光回線(光電話)を1本解約(4,000円/月)
・禁煙(13,000円/月)
詳しくはヤニ切れ禁断症状が治まった頃
また記述させていただきますが、
1日中たばこを想いながら
頭の中にぼーっと霧がかかったような状態なので
集中力が低下し10分間パソコンと向き合うともう限界
ちびっとひっかけてお昼寝、
といった今日この頃です。
4月は8kWh越の好天が15日間ありましたが
日間最大発電量は3月に及ばず、
積算発電量は昨年9月に及ばず、
1日の発電量は下降気味なので、
これからの5~9月は晴天の日数に期待しつつ
パネルの汚れや過熱を低減するための
メンテナンス(散水)も重要になりそうです。
昨年行った傾斜角の調整は、今年はしません。
360度日差しを受ける大屋根なら効果的ですが
当家のように家そのものの影が入る
1階屋根ではほとんど効果がありませんでした。
それではそろそろ(朝7時から)お昼寝 Good。

月間発電量の推移
月間発電量の推移

月間使用電力量の推移・昨年比
月間使用電力量の推移・昨年比

DIYソーラーの発電量 2015年03月

DIYソーラーの発電量 2015年03月

テーマ:太陽光発電
DIYソーラーの発電量 2015年03月

2015年03月の発電量と電気料金です。
昼料金(7~23時)の月間買電量は21.7kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は166.3kWh、
昨年同時期
昼料金(7~23時)の月間買電量は53.3kWh、
夜料金(23~7時)の月間買電量は306.5kWh、
でした。
(集計期間相違のため、実際の電気料金・売電額とは異なります。)
上画像は積算電力量、
下画像は月間発電量の推移と
月間使用電力量の推移・昨年比です。
3月は発電量が大幅に増え、
昨年の9月、6月に次ぐ3番目の好成績、
7月や8月をも上回りました。
日間発電量が10kWh超えを記録するなど
お天気さえ良ければもっとも発電率の高い時期?
なのかもしれません。
小型冷蔵庫を独立型の太陽光駆動としたものの
平均使用電力量は2月より増加、
買電額を売電額が上回るには
さらなる節電策を講じる必要がありそうです。

月間発電量の推移
月間発電量の推移

月間使用電力量の推移・昨年比
月間使用電力量の推移・昨年比

DIYソーラー 日間発電量10kWh超え

DIYソーラー 日間発電量10kWh超え

テーマ:太陽光発電
DIYソーラー 日間発電量10kWh超え

3月に入り発電量が増加、
3月15日(日)に8.9kWh
3月21日(土)に9.0kWh
と日間発電量を更新していましたが、
3月27日(金)晴れ
3月27日(金)晴れ
想定外の10.1kWhを記録しました。
三菱製多結晶パネルの発電量は
定格よりかなり低めの傾向ですが、
日差しが強くなってきたことで
ようやく定格に近い出力をしたようです。
ちなみに当日の太陽熱温水器利得は13度
気温がさほど上がらなかったせいか意外に控えめ、
しかも給湯に失敗、排水口を閉め忘れそのまま排水、
経済効果は水200リットル分の赤字でした。
上画像は積算電力量、
下画像は時間帯発電量です。

時間帯発電量
7個目 VARTA と ソーラーインコンバーター

7個目 VARTA と ソーラーインコンバーター

テーマ:ネットショップで買いました♪
7個目 VARTA と ソーラーインコンバーター

先日直流冷温庫 稼働のための 直流配線 | てるず直流冷温庫 稼働のための 直流配線
で記事にしました直流配線では
DC-DCコンバーターがかなり発熱する(ロスも大きい?)
冷温庫の消費電流がUPSからの充電電流を上回るため
UPSが休まらない(寝室なので動作音がうるさい)という状況、
省電力のための直流利用なのにさほど省電力にならず
騒音も発生という結果になってしまい要改良、
やはり専用の12V電源をカクホし、
太陽光パネルの電力で冷温庫を稼働させる再工事と相成りました。
寝室24Vバッテリー(AGM95Ah2直列)の役割はUPS運用のみとし
太陽光のケーブルを外して冷温庫まで延長、
長期ウォッチしておりましたVARTA AGM バッテリーの新古品と
以前から注目しておりましたソーラーインコンバーターを入手
日照不足を補うバッテリーチャージャーDRC-1000、
前回余ったリレー、お蔵入りしていた降圧モジュール
なども利用してひとまず完成、
バッテリー電圧が12V以下にならないよう、もうひと手間予定。
ソーラーインコンバーター
MPPT搭載 ソーラーインコンバーターMPPT搭載 ソーラーインコンバーター
はヤフオクのsolarsaburo さま
ヤフオク! - solarsaburoさんの出品リストヤフオク! – solarsaburoさんの出品リスト
にて購入、台湾製でしっかりとした造り、
VARTA AGM バッテリー 92Ah の新古品はヤフオクのtaku19730310 さま
ヤフオク! - taku19730310さんの出品リストヤフオク! – taku19730310さんの出品リスト
にて購入、CCA実測値は917A、
送料を含め計13,529円の出費、
元を取るのはまず不可能ですが
これから日照が良い季節になりますので
計算上では太陽光のみで冷温庫が稼働出来そうです。
バッテリーを開梱
バッテリーを開梱
バッテリーを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
ソーラーインコンバーターを開梱
配線設置
配線設置
配線設置
配線設置
配線設置
配線設置
おやっチャピィが吠えてる
おやっチャピィが吠えてる
スネてないでこっちおいで
スネてないでこっちおいで
で、このようになりました。(チャピィはハメコミ合成です。)
このようになりました。
あ~ハラへった
あ~ハラへった
太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

テーマ:太陽光発電
太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

太陽熱温水器の完成以降、
冬型の寒くてどんよりした天候続きで
実験程度にほんの数回の運用でしたが、
冬でもお天気さえ良ければ200リットルの水で
5~15度の利得が得られます。
※利得とは、水温上昇でなく
排水時刻の水道水温と給湯水温の差、
実際に経済恩恵のある値です。
3月17日(火)晴れ一時曇り
朝7時 気温6度、水道水温9度
夕方15時30分 気温15度、水道水温11度、給湯水温28度
利得17度、熱量3400Kcal、経済効果49円
3月17日(火)晴れ一時曇り
同日のDIYソーラーの総発電量は8.2kWh
当日のDIYソーラーの発電量は8.2kWh
でした。
経済効果は以下の計算式で算出しています。
都市ガス熱量 11,000Kcal
(プロパンガスなら 24,000Kcal)
機器効率 85%
追い炊き効率 80%
ガス単価 135円
水量×利得÷11,000÷0.85×135=49.0909
これを単純に導くには
49.0909÷利得=2.8877
なので次回以降は利得×2.8877で計算します。
また、足し湯の場合
水量×利得÷都市ガス熱量÷追い炊き効率×ガス単価=経済効果
なので
利得×水量×0.01809で計算します。
3月18日(水)は足し湯100リットル、
利得12度、経済効果21円でした。
今後の稼働状況は見やすい表を作成予定でおります。
給湯方法は窓を開けてパイプを引き込み
窓を開けてパイプを引き込み
水量が減ってから止まるまでは時間がかかるので風呂桶を利用
時間がかかるので風呂桶を利用
給湯が終わったらパイプを抜いて
給湯が終わったらパイプを抜いて
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓を閉めて終了です。
窓を閉めて終了です。
いかがでしょうか?苦労の割に経済効果は少ない!
というのが率直な感想ですが、
ガスの燃焼量を減らし、二酸化炭素排出量も低減、
それより何より自作の温水器でたてたお風呂は
すんごく気持ちいいですよ~。
ツールバーへスキップ