太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

テーマ:太陽光発電
太陽熱温水器の自作 (本格稼働)

太陽熱温水器の完成以降、
冬型の寒くてどんよりした天候続きで
実験程度にほんの数回の運用でしたが、
冬でもお天気さえ良ければ200リットルの水で
5~15度の利得が得られます。
※利得とは、水温上昇でなく
排水時刻の水道水温と給湯水温の差、
実際に経済恩恵のある値です。
3月17日(火)晴れ一時曇り
朝7時 気温6度、水道水温9度
夕方15時30分 気温15度、水道水温11度、給湯水温28度
利得17度、熱量3400Kcal、経済効果49円
3月17日(火)晴れ一時曇り
同日のDIYソーラーの総発電量は8.2kWh
当日のDIYソーラーの発電量は8.2kWh
でした。
経済効果は以下の計算式で算出しています。
都市ガス熱量 11,000Kcal
(プロパンガスなら 24,000Kcal)
機器効率 85%
追い炊き効率 80%
ガス単価 135円
水量×利得÷11,000÷0.85×135=49.0909
これを単純に導くには
49.0909÷利得=2.8877
なので次回以降は利得×2.8877で計算します。
また、足し湯の場合
水量×利得÷都市ガス熱量÷追い炊き効率×ガス単価=経済効果
なので
利得×水量×0.01809で計算します。
3月18日(水)は足し湯100リットル、
利得12度、経済効果21円でした。
今後の稼働状況は見やすい表を作成予定でおります。
給湯方法は窓を開けてパイプを引き込み
窓を開けてパイプを引き込み
水量が減ってから止まるまでは時間がかかるので風呂桶を利用
時間がかかるので風呂桶を利用
給湯が終わったらパイプを抜いて
給湯が終わったらパイプを抜いて
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓の外側にパイプを繋ぎ
窓を閉めて終了です。
窓を閉めて終了です。
いかがでしょうか?苦労の割に経済効果は少ない!
というのが率直な感想ですが、
ガスの燃焼量を減らし、二酸化炭素排出量も低減、
それより何より自作の温水器でたてたお風呂は
すんごく気持ちいいですよ~。
(Visited 1,051 times, 1 visits today)
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ