200V15A・20A兼用コンセント

200Vプラグで100Vコンセントから充電

LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

テーマ:電気自動車(EV PHV)
テーマ:太陽光発電

200Vプラグで100Vコンセントから充電

2014/04/05.初稿、
今晩21時から楽天のセールがはじまります。
前から目をつけていました部材を購入し、
100V変換アダプターを作成予定。
上の画像は今回の購入予定品、
下の画像はヤフオクで販売されていた
変換アダプターです。(完成見本)
リーフ付属の充電器は100Vでも動作します
(充電時間は倍になりますが)ので
コンセント形状のみ変更するアダプターがあれば
高額な100V充電器を購入する必要がありません。
太陽光で発電した電気をリーフに充電することも
容易に出来るようになります。
※MC前のリーフは動作しないみたいです。
改善のリプロがあるかどうか要確認。
200Vを100Vに変換するアダプター
2015/02/02.追記、
この記事をご覧いただく方が多いようなので
もう少し文面と画像を追加します。
株式会社きとみ電器 さま 処分特価品
にて200Vコンセントなどを購入、
送料は別なので、他にも役立ちそうで
「処分特価」の安価部材を買い集めました。
購入部材
購入部材
配線は20A対応の2.0sq以上のケーブルを使用し、
オスとメスとアースを接続すれば完成。
オスとメスとアースを接続し完成
それでは充電実験開始、
充電実験開始
使用電力を観察すると1.34kW、
使用電力は1.34kW
15A以下、発熱もありませんでしたので
通常のコンセントであれば大丈夫そうですが
ネスカフェバリスタ並み、許容値ギリギリの大電流を
10数時間流し続けるのは大変危険、
ということは覚えておいてください。
少なくともエアコン用20Aのコンセントを使用するか
分電盤から専用線を引いた方が良さそうです。
その大電流であっても
2時間半で20kmほどしか走行距離は延びていません。
2時間半で20kmほどの走行距離増
初期型リーフやi-MiEVでは充電出来ない
とか、
アース線を結線しなければ充電出来た
とか噂はあるものの、検証環境がありません。
また、充電の際は15A近い電流が流れ続けますので
古い家や配線の細いコンセントでの使用は
断線や火災の恐れがあります。
充分な配線太さがあり、配線劣化がないことを必須とし
あくまで自己責任で行ってください。
(Visited 15,305 times, 9 visits today)
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]

200Vプラグで100Vコンセントから充電」への2件のフィードバック

  1. ヒラタツ

    こんにちは。電気自動車[i-MiEV(M)]乗りです。
    普段は200Vで充電していますが、三菱純正ケーブルが短いのと(5m)出先で100Vしかない場合を考慮してヤフオクで日産リーフ用充電ケーブル(7.5m)を落札して使っています。
    200Vでは問題なく充電できました。
    自分も100Vプラグ→200Vコンセントを自作(VVF-1.6mm,10m。電気工事士なので朝飯前)、実験したら普通にi-MiEVへ充電されました。
    (ただしアース必須、それが外れると充電が止まります)
    通常のコンセントだと30分程度で100Vコンセントが発熱するので辞めましたが、エアコン用100V(専用回線)だと1時間程度でも発熱しません…電線の太さと内部抵抗の違いでしょう(発熱量は抵抗と電流の2乗に比例するので)。
    ちなみにアイミーブ100Vの充電電力はHEMS(ソーラー発電セット付属品)で見る限り1.0kW。たぶん1時間当たり10km程度だと思います。

    以上ざっと報告させていただきました。また機会があればよろしくですm(__)m

    返信
    1. tels 投稿作成者

      ヒラタツ さま

      こんにちは、
      コメントありがとうございます。

      お返事が大変遅くなりまして申し訳ありません、
      最近は自作ネタが乏しく、

      風力や太陽光での発電も自動運転なので
      ブログの更新も途絶えております。

      さて、リーフの充電ケーブルで10Aほどの通電とのこと、
      リーフでは15Aに近い電流が流れますが
      Mのバッテリー電圧が低いことが幸いし?
      長時間でなければ使えそうですね。

      当家の試作品は、実験以降お蔵入りで
      一度も使用していません、

      200Vでも遅いのに100Vでは遅すぎ
      かつ片相の電流が危険水域なので、
      とても実用には向きません。

      話は変わりますが、
      急速充電速度が速く、長寿命のM用バッテリーは
      当家のある柏崎で生産されています。

      近々市販噂のHONDAアーバンなどへ
      幅広く採用されると良いのですが、
      低電圧や高コストの不利を払拭出来るか

      東芝の意気込みやいかに?

      近ごろEVOCやcomに書き込みしていますが、
      FITの2019年問題を控え

      EV車両からいかに100V電源を
      (安全かつ安価に)取るか?
      ということを考えています。

      効率を考えれば、12V経由でなく高圧から引く、
      安全を考えれば、チャデモケーブルから引いて
      ボルテージインバーターを駆動する
      (素人が高圧に触れると感電死の恐れあり)

      クラウドファンディングで出来ないかしら?

      何かしら良いプランがありましたら、ぜひご教示ください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ツールバーへスキップ